危険物取扱者

【2021年最新版】危険物取扱者乙4種参考書オススメ

危険物取扱者乙4種のおすすめの参考書ってなに?

絶対合格したい

間違いないものを教えて

金色マン

そんな悩みを解決します。

本記事では、乙4種危険物取扱者試験の対策について書いています。

危険物の知識が全くない方に向けての記事です。

オススメはこの4つから

1.〈10日で受かる!〉乙種第4類危険物取扱者すいーっと合格

2.乙種4類危険物取扱者試験2021年版

3.ユーキャン乙種第4類危険物取扱者速習レッスン

4.向学院社の乙4類危険物取扱者 受験教科書

takumikan

簡単に自己紹介

筆者(@takumikan3ex)は、電力業界 → ボイラー業界 → 石油業界と渡り歩いて、現在石油業界に10年勤めております。

危険物取扱者乙4種の資格は、ボイラー業界の時に取得しました。

ちなみに、この3つの業界では必須でないものもありますが、全て知識として必要となります。

必須となるのは、石油業界です。

スポンサーリンク

〈10日で受かる!〉乙種第4類危険物取扱者すいーっと合格

Amazon・楽天ともに売れ筋ランキングが1位となってます。(2021年5月2日時点)

この参考書の特徴

付録の「丸暗記ノート」が優秀。B6サイズで持ち運びに便利。

丸暗記ノートはアプリでも無料で提供されているので、携帯で見たいって人はこちらでもOK。

図やイラストが多い

文章だけは苦手って人にはオススメ!

必須問題130問 + 本試験形式2回分 を収録

問題が厳選されているので、満点を狙うよりは要点だけを押さえたい人向け

10日で受かるってコンセプトで作られているので、130問を8日で解いて本試験形式2回分を2日で解く。

そして本番ってイメージです。

130問を8日間、1日16~17問を解く必要がありますね。

これを多いと思うか、少ないと思うかはみなさんの判断です。

10日で済ませようとせずに1ヵ月(30日)と考えれば1/3ですから1日5~6問で必須問題が解くことができます。

あまり勉強をせずに試験に臨みたい方には、ちょうどいいボリュームではないでしょうか。

乙種4類危険物取扱者試験2021年版

乙種4類 危険物取扱者試験 2021年版

Amazonは、写真かテキストをクリック

楽天

Amazonで2位、楽天で3位の売れ筋ランキングとなっています。 (2021年5月3日時点)

この参考書の特徴

問題数467問 (2012年 ~ 2020年)

図やイラストは少なめ

本試験の過去問が多数あり

ジャンル別だから頻出問題が分かりやすい

試験で満点を狙うのであれば、この1冊です。

問題数が他の参考書に比べて断トツです。

かつ、最新の過去問題をベースに作られているので、この問題集だけで合格できるでしょう。

495問、かなりの問題数ですね。

1ヵ月(30日)で考えると、1日に16~17問を解いていくイメージです。

普段勉強しない人は、少しストレスとなる問題数ですね。

2か月(60日)で考えれば、1日に8~9問を解きます。

勉強のリズムができるにはこれくらいの負荷でしょう。

試験日までに時間の余裕がある人にオススメします。

これだけの問題数を解いて臨めば「満点合格間違い無し」です。

ユーキャン乙種第4類危険物取扱者速習レッスン

Amazon3位、楽天ランク第3位の売れ筋ランキングです。 (2021年5月2日時点)

この参考書の特徴

 イラスト、図が多め

問題は〇✖方式

別冊ポイント集「コレだけ!50+」で要点押さえ、スキマ時間で勉強できる

通信教育大手のユーキャンから出版されている商品。

この商品は、満点を狙うというよりは要点を絞って合格点を狙うタイプの参考書です。

3段階の重要度表示がされており、ていねい解説が魅力的。

予想模擬試験2回分あるので、参考書の問題を解いて模擬試験2回で確認する。

こんなイメージです。

向学院社の乙4類危険物取扱者 受験教科書

乙4種危険物取扱者 受験教科書

基礎から最新問題までよくわかる
乙4類危険物取扱者 受験教科書
本試験問題301題+模擬試験問題3回 
(別冊・解答解説付き)  
著者:藤本博之
定価 1,800 円(税込)

 

この参考書の特徴

 

本試験問題301問、模擬試験問題3回分

毎年、50~100問更新される 

工業高校や職業訓練校のテキストとして使われている

 

赤本とも呼ばれる参考書。

工業高校や職業訓練校のオススメテキストとして使われているということもあり、問題数、解説のバランスが良く勉強できる一冊です。

問題数が301問なので、

1ヵ月(30日)で考えると、1日10~11問解いて勉強するイメージです。

2か月(60日)で考えれば、1日に 5~6問

1日の負荷を無理なく設定するのが継続させるコツです。

まとめ

危険物取扱者の参考書を4つ紹介しました。

4つの中から1つ、自分に合うものを選んでください。

選ぶのがめんどくさいという方は、

〈10日で受かる!〉乙種第4類危険物取扱者すいーっと合格

で決まり。

ランキング1位なのにはそれだけの価値があるということです。

なにを選ぶにしても、必ず勉強してください。

勉強しないことには、せっかく良い参考書を買ってもまず合格しません。

10日の勉強で合格する試験の合格率が30~40%しかないってことはそれだけみんな勉強してないんです。

最低でも1回、できればテキストを2周するつもりで取り組んでください。

本日はここまで、です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

危険物取扱者の資格を活かせる仕事に関しては下記の記事を参照してください。

 

危険物取扱者を活かせる仕事は?

続きを見る

 

試験対策に関する記事は下記の記事を参照してください。

 

【2021年最新版】乙4種危険物取扱者試験の対策

続きを見る

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

-危険物取扱者

Copyright© Takumikan Blog , 2021 All Rights Reserved.