雑記

ヘッドフォンの特徴それぞれ

前の記事ではヘッドフォンの種類について説明しました。

今回はそれぞれの特徴について解説していきます。

オーバーヘッド型

一般的にイメージされるヘッドホンの形状です。

ヘッドバンドに左右のスピーカーボックスで構成されているのが特徴です。

大きいサイズの再生装置(ドライバーユニット)が使用されているので音質が高く、長時間の装着でも疲れないような工夫がされていたりします。

■開放型(オープンエアー型)

”ハウジング”が開放構造( 耳に引っ掛けると言った方が分かりやすいですかね )を持ち、圧迫感にない音質が特徴です。

音漏れが大きいので室内向けのヘッドホンとなります。

■密閉型(クローズド型)

耳を 完全に覆い 、”ハウジング”が密閉性を持つヘッドホンです。

音漏れがしづらい構造で力強い音で聞こえるのが特徴です。

※ハウジングとは?

見た目、音質を決める重要な要素のひとつとなります。

詳しくはまた別の機会に解説いたします。

ポータブル型

オーバーヘッド型を小型・軽量化したヘッドホンになります。屋外での使い勝手が向上しています。

■耳のせタイプ

ポータブルヘッドホンのスタンダードとなる形状です。イヤパッドを耳にのせるように装着するタイプになります。

■耳おおいタイプ

イヤパッドで耳を完全に覆い、遮音性の高い構造となってます。

耳かけ型(イヤフィットヘッドホン)

外耳にかけて使うタイプのヘッドホン。

耳への圧力がなく、携帯に優れています。

注:ボリュームを上げすぎると音漏れの原因となります。

インナーイヤー

■インナーイヤー型(イヤホン)

一般的にイヤホンと呼ばれるタイプのヘッドホンです。

■耳栓型(カナル)

耳栓のように差し込んで使用するタイプで、遮音性に優れ屋外使用でもしっかり音が聞くことができます。

本日はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© Takumikan Blog , 2021 All Rights Reserved.