ビジネス関連

チーズはどこへ消えた?【あらすじ】

マーライオン男

チーズはどこへ消えた?ってどんな話?

おもしろいの?

そんな疑問にお答えします。

この本は、大人から子供への読み聞かせにもちょうど良い長さとなってます。

そのページ数、「96ページ」

1時間で一生使える知識が身に付く、費用対効果が抜群の作品です。

そして、この本の結論から

変化を恐れるな、本当に恐れるべきは現状維持なんだ

チーズはどこへ消えた?

スペンサー・ジョンソン/門田美鈴 扶桑社 2000年11月30日

楽天

Amazon

kindle

登場人物

小人が2人(慎重派)

ヘム:1番の慎重派(変化を認めない)

ホー:臆病者(変化しなくてはいけないことを分かっている)

ネズミが2匹(行動派)

スニッフ、スカリー

・頭は良くない(分析より即行動)

・鼻が効く(細かい変化を嗅ぎつける)

小人2人とネズミ2匹は、迷路の中をウロウロとさまよっていた。

そしてある日、チーズステーションCに辿り着く。

そこにはチーズがたくさんあった。

これでチーズを探さなくていいぞ

誰かが補充してくれて中々減らない

毎日チーズにありつける

そして、2組の生活に変化が起きる

小人たち

チーズを探すのをやめてしまう

ネズミたち

・迷路の探索を続けた

・変化がないかを調べた

そんな生活を送る中、事件は起きた

「チーズが突然消えた!」

続きが気になる方は本でどうぞ

チーズはどこへ消えた?

スペンサー・ジョンソン/門田美鈴 扶桑社 2000年11月30日

楽天

Amazon

kindle

-ビジネス関連

Copyright© Takumikan Blog , 2021 All Rights Reserved.