暮らし・生活

スマホは格安SIMに変えよう!|¥1,000以下のプランがある会社

 

格安SIMってたくさんあるけど、どこが安いの?

okumikan
takumikan

¥1,000以下の契約がある会社に特化して紹介するよ

 

この記事から得られること

¥1,000以下で契約できる会社を知ることができる

格安SIMの注意点・デメリット

 

マーライオン男

簡単に自己紹介

筆者自身は、元々Softbankユーザーでした。

現在は、Y!mobileを利用してます。

 

お金を貯めるには、固定費を削減すること。

これが一番手っ取り早いです。

一度見直してしまえば、それがずっと続くわけですからね。

 

3大キャリア(docomo、au、Softbank)に契約したままで見直しを行っていない。

そんな人は多いのではないでしょうか?

かつて、わたしもそうでした。

面倒な気持ちもわかりますが、ひと手間をとることで生活が少しだけ変わってきます。

 

この記事では、¥1,000以下で契約できる会社に特化して紹介します。

携帯電話の契約内容を見直すきっかけになれば幸いです。

 

 

格安SIMの注意点・デメリットについて

通信費はとにかく安く済ませたい。

通信速度は遅くても良い。

そんな人ならば、迷わず格安SIMに変更すべきです。

 

でも、そうではない人にとってはどんなデメリットがあるのかを知りたいはずです。

いくつかを紹介します。

 

格安SIMを利用する際のデメリット10個

通信費は格安だけど端末代は以外とかかる

キャリア決済等の大手携帯キャリアが提供するサービスが使えない

クレジットカード決済のみのサービスが多い

通信速度はキャリアに比べて遅い

実店舗が少ないのでサポート面で弱い

どの端末が使えるかわかりにくい

自分で初期設定(APN)を行う必要がある

キャリアメールが使えない

LINEのID検索ができない

最新のiPhoneを購入することができない

 

思いつくだけ挙げてみました。

上記10個のデメリットを理解した上で、それでも構わないという場合はすぐにでも乗り換えましょう。

 

ちなみに、10個目に挙げた「最新のiPhoneが購入することができない」ですが、AppleでiPhone11を購入すればY!mobileの格安SIMを利用すれば使うことが可能です。

 

こちらの記事で紹介していますので興味がある人はどうぞ

【映像付き】ワイモバイルでiPhone11に機種変更する方法

続きを見る

 

¥1,000以下のプランがある会社

デメリットを理解したところで、¥1,000以下で契約できる会社を紹介していきます。

 

イオンモバイル

 

プランの数 と 低価格 が魅力。

イオンリテールが販売するMVNOのモバイル通信サービス。

全国のイオン200店舗でサービスが受けられる安心感がある。

 

\ 公式サイトはこちらからクリック /

  イオンモバイル

 

プラン名 月額料金 高速通信容量 SIMの枚数 利用回線
音声 + 500MB ¥1,130 500MB / 月 1枚 docomo + au
音声 + 1GB ¥1,280 1GB / 月 1枚 docomo + au
データのみ1GB ¥480 1GB / 月 1枚 docomo + au

 

LINEモバイル

 

Softbankの傘下となったLINEモバイル株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。

LINEユーザーには最適の格安SIM。

ポイント

コミュニケーションアプリによる通信量がカウントフリーになるのが最大の特徴

LINEの年齢認証も可能

ID検索も使える

 

\ 公式サイトはこちらからクリック /

      LINE

 

プラン名 月額料金 高速通信容量 SIMの枚数 利用回線
データSIM(SMS付)500MB ¥600 500MB / 月 1枚  docomo + au + Softbank
音声 + 500MB ¥1,100 500MB / 月 1枚  docomo + au + Softbank

 

 

mineo

 

サービス度満足度1位!

安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラス。

サービス内容で選ぶ価値のある格安SIMです。

 

ポイント

docomo回線 ・ au回線 ・ Softbank回線 3回線のプランあり

データ容量を家族と共有できる「パケットシェア」

誰とでもパケットを送りあえる「パケットギフト」

複数回線割

家族割

機能的にも、とても充実している。

 

\ 公式サイトはこちらからクリック /

     mineo

 

 

プラン名 月額料金 高速通信容量 SIMの枚数 利用回線
ドコモプラン シングルタイプ 500MB ¥700 500MB / 月 1枚 docomo
ドコモプラン デュアルタイプ 500MB ¥1,400 500MB / 月 1枚 docomo
auプラン シングルタイプ 500MB ¥700 500MB / 月 1枚 au
auプラン デュアルタイプ 500MB ¥1,310 500MB / 月 1枚 au
ソフトバンクプラン シングルタイプ 500MB ¥790 500MB / 月 1枚 Softbank
ソフトバンクプラン デュアルタイプ 500MB ¥1,750 500MB / 月 1枚 Softbank

 

 

 

BIGLOBEモバイル

 

インターネットプロバイダ大手のビックローブ株式会社が運営する格安SIM。

 

ポイント

月額¥480で「YouTube」や「AbemaTV」などのサービスが見放題になるエンタメフリーオプション

「シェアSIM」で夫婦・家族でも利用しやすい

 

\ 公式サイトはこちらからクリック /

  BIGLOBE

 

 

 

プラン名 月額料金 高速通信容量 SIMの枚数 利用回線
データのみ   ¥900 3GB / 月 1枚 docomo
音声通話SIM

最初の1ヶ月~6ヶ月
¥400
7ヶ月~
¥1,600

3GB / 月 1枚 docomo + au

 

 

nuroモバイル

 

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。

 

ポイント

翌月分のデータ通信量を前借りできる機能が特徴的

 

\ 公式サイトはこちらからクリック /

     nuroモバイル

 

 

プラン名 月額料金 高速通信容量 SIMの枚数 利用回線
ドコモ回線 データ専用 お試しプラン ¥300 0.2GB / 月 1枚 docomo
ドコモ回線 データ+SMS お試しプラン ¥450 0.2GB / 月 1枚

docomo

ドコモ回線 音声通話付き お試しプラン ¥1,000 0.2GB / 月 1枚

docomo

au回線 データ専用 お試しプラン ¥500 0.2GB / 月 1枚

au

au回線 データ+SMS お試しプラン ¥650 0.2GB / 月 1枚

au

au回線 音声通話付き お試しプラン  ¥1,200 0.2GB / 月 1枚

au

Softbank データ専用 お試しプラン ¥500 0.2GB / 月 1枚

Softbank

Softbank 音声通話付き お試しプラン  ¥1,200 0.2GB / 月 1枚

Softbank

 

 

まとめ

デメリットを理解した上で、検討して見る価値は十分あります。

それ以上のメリットを感じれるのが「格安SIM」の魅力だと思います。

 

本日はここまで、です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

-暮らし・生活

Copyright© Takumikan Blog , 2021 All Rights Reserved.